高齢運転者(70歳以上)の方々にご自身の身体機能の現状を確認していただき、より一層安全運転を心掛けていただくため、運転免許証の更新申請(免許証の失効手続きの際も同様です)の前に受講していただくよう義務づけられた講習が、高齢者講習です。

更新時における高齢者講習等の内容

認知機能検査(75歳以上の方)

記憶力・判断力の判定を内容とした認知機能検査を受検します。検査の結果により、その後の流れが変わります。

※ 認知機能検査の結果について
○ 第1分類・・・記憶力・判断力が低くなっている方(認知症のおそれがある方)
○ 第2分類・・・記憶力・判断力が少し低くなっている方(認知機能が低下しているおそれがある方)
○ 第3分類・・・記憶力・判断力に心配ない方(認知機能が低下しているおそれがない方)

1)70歳から74歳の方、及び認知機能検査の結果が第3分類の場合

  • DVD等で、交通ルールや安全運転に関する知識を再確認して、指導員より運転に関する質問などを受けながら講義を受講します。
  • 器材を使って、動体視力、夜間視力及び視野を測定します。
  • 指導員の同乗のもと車を運転して、事故や違反に結びつく危険な運転個癖等がないか助言を受けます。

2)認知機能検査の結果が第2分類又は第1分類(臨時適性検査等の結果、認知症ではないと診断された方)の場合

  • DVD等で、交通ルールや安全運転に関する知識を再確認して、指導員より運転に関する質問などを受けながら講義を受講します。
  • 器材を使って、動体視力、夜間視力及び視野を測定します。
  • ドライブレコーダー等で運転状況を記録しながら車を運転して、必要に応じて記録された映像を確認しながら指導員から助言を受けます。